女性も薄毛に悩んでる?!頭皮ケア 早めの対策と治療法

薄毛の悩みは男性だけと思いがちですが、多数の女性が悩んでいるのです。

男性は、女性に比べて短髪で薄毛も目立ちやすく、すぐに気づけるので早めの対策が出来ますよね。

それに比べ女性は男性に比べ髪の毛が長い方が多いので、気づきにくく気づく頃には、かなり進行していることもあるらしいのです。今回は女性の薄毛に焦点を当てて調べました。

早めの対策をして薄毛を防止しましょう。

け毛の半数はFAGA「女性男性型脱毛症」

男性の薄毛の原因の大半は、「AGA:男性型脱毛症」という男性ホルモンが変化して、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質が原因で、髪の毛の成長サイクルが狂って、薄毛が起こります。

40歳前後の女性に多く見ら女性ホルモンの分泌が減少し男性ホルモンとのバランスが崩れてきます。これにより頭頂部から全体的に毛髪が薄くなってきます。さらに毛髪が細くなることで薄毛になったと感じるようになります。

びまん性脱毛症

女性に多いと言われる脱毛症が、「びまん性脱毛症」です。

  • 髪の毛のボリュームが減ってきた。
  • 髪が細くなってきた。
  • 地肌が見えるぐらい目立つようになってきた。

びまん性脱毛症の原因

男性ホルモンの働き(薄毛の原因)

女性の身体にも男性ホルモンは存在します。女性にも男性ホルモン特有の薄毛物質「テストステロン」があるため、女性の持っている男性ホルモンが多くなれば薄毛になる可能性があります。ただ、男性に比べ男性ホルモンの量が低いため、発症しにくいと言われています。

女性ホルモンの働き(乱れ)

女性ホルモンには、「エストロゲン」という毛髪を育てる働きがある物質があります。女性ホルモンの分泌がたくさんある女性は、男性に比べ「エストロゲン」の働きで、男性特有な「テストステロン」の影響を受けにくく比較的薄毛に悩む人が少ない傾向にあります。しかし、女性ホルモンが加齢ともに減少すると、男性ホルモンが影響し、男性特有の「AGA」が女性に発症します。

性の薄毛治療法と予防

女性は、男性のAGA治療薬フィナステリド(プロペシア)は使用できません。

プロペシアは女性にとって、胎内の男児に悪影響を及ぼす可能性があるため、推奨されていません。



女性用育毛剤配合の栄養素

女性専用育毛剤で、女性のびまん性脱毛症の進行を抑える唯一の薬です。

チアミン(ビタミンB1) 糖の代謝を促し神経や筋肉に供給します。
パントテン酸カルシウム 皮膚を形成、髪の毛を正常な状態にする働きがあります。
薬用酵母 酵母により抗炎症作用があります。
L-システン アミノ酸が主成分で、髪の毛・爪・皮膚などを健康に保つ働きがあります。
ケラチン タンパク質の一つで、髪の毛の主成分になります。
パラアミノ安息香酸 白髪、皮膚の老化を予防する効果があります。

ストレスの増加

ストレスによる自律神経が乱れが、薄毛の原因になります。それに追い打ちをかけて、薄毛になったストレスでさらに自律神経が乱れ、薄毛を悪化させるという悪循環が生まれます。

過度のヘアカラーやパーマなどの髪へのストレス

ヘアカラーやパーマに使う液体は、髪や頭皮にダメージを与えます。パーマを浸透させるために熱風をかけることも頭皮へのダメージになってしまいます。毎日の頭皮・毛髪へのケアが大切です。

大事なことの一つはシャンプー選び

洗浄力の強いシャンプーは汚れは綺麗にしてくれますが、頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまいます。皮脂が無くなると、頭皮が乾燥し、ふけやかゆみの原因になります。

このふけやかゆみが毛穴をふさぎ薄毛の原因になります。

ヘアケアお勧めのシャンプー

・ダイエットによる栄養不足毛髪の栄養素は主にタンパク質です。無理なダイエットによる食事制限で、栄養不足に陥り、毛髪の栄養素が足りなくなります。また、血液も「ドロドロ」になりやすく栄養素が毛髪までいきわたりません。いくらダイエットで痩せたとしても、毛髪が薄くなったり痛んでしまっては意味がありません。

【髪のボリュームUP実感!女性用 HATSMOE薬用シャンプー】




女性ホルモン剤プレモンは更年期障害の症状を緩和するための女性ホルモン薬です。得るトロ減を有効成分とするプレマリンのジェネリック医薬品です。エストロゲンには、コラーゲンの合成を促進させる効果があると言われており美容のために服用される方も多い成分です。