「クマ」の悩みを一気に解決!!「青クマ」の原因と対処法

目の下の「クマ・・」

メイクで隠しても、コンシーラを使ってもなかなか消えない・・消すためにお化粧を濃くしても午後にはヨレて「クマ」が目立ってる・・

そんな悩みを持つ女性は多いと思います。今回は女性の悩み「クマ」をテーマにご紹介します。

年齢よりも10歳ふける

「老けている」と言われる顔の特徴で一番に挙げられるのが、「目の下のクマ」です。実際に「クマ」がある人とない人では、年齢が10歳違って見えるというデータもあるのです。これって結構大きな差ですね。この機会に「クマ」とおさらばして若々しい顔に生まれ変わりましょう。

クマには3種類あります。

クマには大きく分けて3種類あります。あなたはどの種類ですか?

青クマの原因と対処

よく「クマ」ができる原因は寝不足と言われますが、それだけではないんです。

「青クマ」の原因は血行不良だといわれます。血行不良の影響で、肩こりや頭痛持ちの方に多く見られ特に、冬場に現れます。「青クマ」は、目の下の皮膚が特に薄くなっているため、青いクマが目立ちやすい傾向にあります。

青クマの原因としては、いくつか挙げられます。

顔全体の血行不良 血行不良が原因と言いましたが、「目の下の血行不良」だと思ってマッサージなどをしていませんか?実は、顔全体が「血行不良」になっているのです。

目の下の皮が薄いために目の下ばかり注意が行きそうですが、顔全体の血行を改善する必要があるのです。

スマホやパソコンの使い過ぎによるドライアイ スマホやパソコンを見ているときは、あまり気づいていないと思うのですが、なんと瞬き(まばたき)の回数がいつもの3分の1になっているのです。

まばたきは、眼球に涙(潤いに必要)を潤滑させるために必要なので、回数が減ると眼球が乾きやすく、疲れ目になりやすく血行不良の原因になります。

青クマの解消法

青クマの解消にはまず、顔全体の血行を良くすることが大切です。おすすめ方法を3つご紹介します。

ぜひお試しください!!

1・温冷タオルで血行を促進する
  • 手順1
    氷水とすこし温度が高めのお湯(40度から45度)を用意します。

  • 手順2
    まずお湯で温めたタオルで顔全体を温めます。

  • 手順3
    2分ほど温めたら、今度は氷水で冷やしたタオルで一気に顔を冷やします。

  • 手順4
    冷えてきたら、再び温かいタオルで温めます。
  • 手順5
    交互に繰り返すと顔が火照ってくるのを感じるはずです。

2・顔のツボを押してみる。

清明(せいめい) 目頭(めがしら)の斜め上(鼻より)にある小さなくぼみ
太陽(たいよう) こめかみから少し目より
承泣(しょうきゅう) 目の下の骨の少しくぼんだ所

3・クマ解消に効果が期待されるビタミンK配合クリーム

  • 色素沈着(美白効果)
  • 血管肥大(血行促進)
  • 保湿効果
などの効果が期待できます。