秋の味覚でダイエット!!さつまいもでやせるの!?

もう夏も終わり、食欲の秋ですね!秋の味覚といえば、さつまいもですよね!!

さつまいもっていかにも太りそうなイメージがありますよね!!

あのホックホクのさつまいも美味しいですよね~♪

さつまいもを食べながら、ダイエットが出来たらすごく楽ちんですよね!

でも、本当にさつまいもでダイエットができるのでしょうか?

つまいもは食物繊維の宝庫

さつまいもは食物繊維(セルロース)が多いのが特徴です。

食物繊維には2種類に分けられ、水溶性と不溶性に分けられます。

 

食物繊維は2種類ある!?水溶性と不溶性 ダイエットにはどっちが有利?

👆過去の記事👆

さつまいもに含まれる食物繊維

さつまいもには水溶性・不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

水溶性食物繊維には

  • コレステロール値を低下する作用
  • お腹がすきにくくなり、食べすぎを防止できます。
  • 糖質の吸収を緩やかにして、食後の急激な血糖値上昇を抑えます。
  • 大腸内で発行分解されるとビフィズス菌などが増え結果、便秘解消が期待できます。

不溶性食物繊維には

  • 水に溶けないために腸内にとどまり腸壁を刺激して、ぜん動運動を促し排便を助けます。

ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。




さつまいもは皮ごと食べるのがいいらしい

さつまいもの皮には、「アントシアニン」という栄養素が含まれています。

アントシアニンとはポリフェノールの1種で、さつまいもの紫色の部分になります。ブルーベリーやカシス等にも含まれていることで有名です。

アントシアニンの特徴
  • 目の健康に期待できる効果
  • メタボリックシンドロームの予防効果
  • 血圧の上昇の抑制・動脈硬化の抑制
  • 抗酸化作用による美肌効果

など、優秀な栄養素がさつまいもの皮に含まれています。

つまいもダイエットのやり方と効果

さつまいもダイエットは、主食の代わりにさつまいもを食べる、置き換えダイエットです。さつまいもは甘くておいしく、満腹感が得られるので意外と続けやすいダイエット法だと言えます。

1食だけ入れ替えでも効果は期待できるとのことです。

さつまいもダイエットがなぜ有効なのか?

満腹感を得られお腹がすきにくい さつまいもに含まれる食物繊維のおかげで胃腸内に長時間留まるので、お腹がすきにくく、余計なものを食べなくて済みます。
摂取カロリーが少ない さつまいもはカロリーが多いように思われがちですが、意外に少ないのです。例えば、ご飯一杯が約250kcal(150g)・食パン一枚166kcal(6枚切り)です。

さつまいもは100gで約132kcalです。食パンだとバター等を塗り方によっては簡単に250kcalを超えてしまいます。意外にさつまいもはカロリーが少ないことに驚きです。

脂肪燃焼効果や糖質の上昇を抑える。 さつまいもの皮も一緒に食べれば、ポリフェノールが一緒に摂取することが出来ます。ポリフェノールには、脂肪燃焼効果・糖質の上昇を抑える効果があります。
便秘解消効果 さつまいもには豊富な食物繊維が含まれているので、便秘解消の効果が期待できます。
むくみ抑制効果 さつまいもの中に、カリウムという栄養素が多く含まれています。カリウムには体内の水分バランスを整える働きがあります。むくみは体内の水分が原因なので、むくみ防止にはカリウムの働きが有効になります。

我慢しないでずっとキレイでいたい
ミスココ




 さつまいもダイエットで失敗する原因は?


さつまいもダイエットであまり効果が見られないとか、太った!?っていう意見も聞きます。このような結果の方には食べ方に原因があることも・・

さつまいもの食べすぎ さつまいもが低カロリーと言っても、食べすぎては意味がありません。普段ご飯はお茶碗1杯(150g)の方は、さつまいもも150gにしましょう。
スイートポテトなど甘くしすぎない。
(おやつにしない。)
さつまいももいろんな料理があります。しかし、余計な糖分を足しておやつにしてしまっては意味がありません。余計に太る原因にもなります。
蒸かし芋がおすすめ
(焼き芋はおすすめしない)
焼き芋などじっくり焼く料理は、さつまいもが甘くなります。もちろんおいしくなっていいのですが、GI値という、血糖値が体内で上昇するスピードが、あがる原因になります。

ふかし芋などあっさりした料理がダイエットにはお勧めです。